履歴書の書き方

愛知求人・転職NAVITOP › お役立ち情報 › 履歴書の書き方

お手本

 

履歴書を書く上での心得

まずは落ち着いて、自分の学歴や職歴を思い返し、下書きをノートに書いてみる。手書きの履歴書と指定がなければ、パソコンで作成しても構いませんが、パソコンを使用する場合は、インターネット上にある履歴書フォーマット・テンプレートを使用すると良いでしょう。

オリジナルの履歴書を1から作成する事はおすすめ致しません。

写真

ビジネスにふさわしい服装で、礼儀正しく、顔の表情には意欲があふれている写真が望ましいです。口角を上げ、目をやや大きく広げると、やる気や積極性のある表情になります。スマホで撮る場合は背景が白色な壁を前に髪型も整え襟付きの服で写ると良いでしょう。広角を上げ顎を引き肩から少し下が画角の下に。髪より少し上が画角の上になると良いでしょう。

手書きの履歴書の場合は3ヶ月以内に撮影した、写真は2.4×3cmか3×4cmが一般的の写真を貼り付けます。駅などにある証明写真機で撮影したものを切って貼り付けると良いでしょう。正面から上半身(胸から上)を撮影しましょう。なお、万が一剥がれた場合に備えて写真裏に名前を記入すること。履歴書の記入欄すべてに記入が済んだら、最後に貼るようにしましょう。

学歴・職歴

学歴は、最終学歴の一つ前の学歴から記入します。最終が高校卒業の方は中学校入学・卒業~ 大学卒業の方は高校入学・卒業~ になります。年次は西暦・元号のどちらでもかまいませんが、履歴書全体で表記を統一するようにしましょう。

学歴・職歴は非常に重要です。記入する前にしっかりと思いだし、ノートなどに下書きをすると良いでしょう。職歴は、会社名、業種、主な職務を時系列に沿って記入しましょう。採用担当者へのアピールも出来ますので、応募職種に関する職務経験があれば強調して記入しましょう。経験社数が多く書ききれない場合は、社名と入社年月・退社年月のみを記載し、文末に「詳細は職務経歴書へ記載」などとしましょう。

免許・資格

免許、資格の順に、どちらも正式名称を記入します。例えば自動車免許なら「普通自動車第一種運転免許(AT限定)」など。
また、現在習得中のものでも、記入してかまいません。特に応募職種に関連する事であれば習得予定年月日も合わせて記入しましょう。

志望動機・本人希望欄

志望動機は、抽象的な理由や曖昧な記述を避け、「なぜ貴社なのか」を明確にわかりやすく書くこと。過去の経験に基づいた具体的な志望動機が理想です。また、一方的な思いを伝えるだけではなく、応募企業が求めている人材を踏まえた上で、過去の職務経歴を応募企業の職務で活かせることが伝わる内容を目指しましょう。

本人希望欄には職種や待遇面などの希望を書きます。待遇に関しては、原則「貴社規定でお願いいたします」と記載しましょう。

趣味・特技

履歴書のフォーマットによっては趣味・特技を記載する欄があります。そういった項目は採用担当との話題作りとして活用できる場合もありますので、書き過ぎには気をつけて空白にせず書いておきましょう。

自己PRについて

より魅力的な自己PRにする3つのコツ

会社の採用担当者の目に留まる自己PRを作成するには長所や体験記をまとめるだけでは不十分です。要点を抑えた自己PRを心がけましょう。

1. 企業の求める人材である点をアピール
2. 数字を使った効果的な自己PR
3. 自分らしさをわすれない

効果的に自己PRを作成する3つのコツを解説します。

1. 企業の求める人材である点をアピール

応募したい業界や企業にどれだけ戦力になるかを書かなければいけません。ドライバーの業界への応募を検討している場合は運転経験について書いたり飲食や調理であれば実際の経験談を交えて書くと良いでしょう。

2. 数字を使った効果的な自己PR

会社の採用担当者は採用選考の短期間にたくさんの資料を目にします。文章が抽象的であったり、要点がつかめない長文は採用担当の負担になったり、興味を削がれてしまいます。
体験を基にしたエピソードがある場合はその成果がわかりやすいように数字を記載しましょう。結果が良くなったというだけでな「30人に増えた」「11組に選ばれる」などのように具体的な成果を印象付けると良いでしょう。

3. 自分らしさをわすれない

自己PR作成が完璧でも採用担当との面接で、自己PRで強調された人材像と本人の印象がかけ離れているとかえって誤解を招いてしまいます。あくまでも自分自身の言葉と表現で、自分らしさを失わずに自己PRをすることを心がけましょう。
完璧な理想を求めず、個性や人柄が伝わる主体性のある自己PRを完成させましょう。

ただ少なくとも自己PRは5行以上書くようにして下さい。

 

詳細はコチラ