職務経歴書の書き方

愛知求人・転職NAVITOP › お役立ち情報 › 職務経歴書の書き方

職務履歴書の書き方

職務経歴書は、A4サイズ1~2枚に職務経験や得意なスキル、自己PRなどをまとめた応募企業に対して自分をアピールできる重要な書類です。一方で、決まったフォーマットがなく何でも自由に書けるため、かえって何を書けばいいのかわからず悩んでしまうことが多い書類でもあります。

 

職務経歴書に記入したい内容

・職務要約

職歴を分かりやすく伝えます。自分の仕事にキャッチフレーズをつけたらどうなるか、を意識して100文字程度にまとめてみましょう。

・職務経歴

業務内容は「どこで」「誰に対して」「どんなことをしてきたか」が分かるように書きます。具体的には、在職期間/ 会社名/ 規模/ 事務内容/ 自分が行った業務内容を記載します。また、会社の規模や実績などは数字で表すと分かりやすいです。

・工夫・PR ポイント

実績・成果を上げるための工夫点や業務において意識したことを簡潔に記載します。

・資格・スキル

業務と関連する資格を持っている場合は、必ず記載しましょう。

・自己PR

自己PR は文章または箇条書きで記載します。箇条書きの場合は3 つほど、文章の場合は5 行以内が目安です。

 

 

職務経歴書のフォーマット

職務経歴書のフォーマットは、主に3パターンあります。どれが正解ということはありませんが、自分のキャリアや過去の業務内容によって、アピールしやすいフォーマットは変わってきます。それぞれの特徴を知った上で、自分に合ったフォーマットを選びましょう。

編年体形式

時系列に沿って、業務内容を記載する形式です。その人がどのような経歴と業務歴を辿ってきたのかがひと目でわかるのがメリットです。

編年体形式では、新卒時の業務内容から順に記載していきます。「業務内容が変わった」「事業部が変わった」「勤めている会社が変わった」などのタイミングでひと区切りしながら書くとよいでしょう。

ただし、直近のキャリアをアピールしたい人や年齢が高い人には、編年体形式はお勧めできません。この形式では、新人時代の業務が一番上に来るからです。一番上に記載されるキャリアが採用担当者にとって最も印象に残るので、時間の経過とともにキャリアアップした人や年齢を重ねた人が新人時代のキャリアを最初に見せるのはアピールにつながりません。その場合は、次に紹介する「逆編年体形式」がお勧めです。

 

逆編年体形式

経歴や業務歴を現在から過去へさかのぼって記載する形式です。一番上が最も新しい職務経歴になるので、直近のキャリアをアピールしたい人は、編年体形式より逆編年体形式が適しています。

直近のキャリアをアピールしたい場合や、直近の業務経験が応募企業の求めるニーズに合致する場合などは、過去の経験より現在の経験を重点的に見られる逆編年体形式を選ぶとよいでしょう。

 

キャリア形式

業務の区切りごとに職務経歴を記載する形式です。「編年体形式」または「逆編年体形式」と合わせて記載します。プロジェクトベースで仕事をすることが多いコンサルタントやエンジニア、クリエイティブ職、企画職などに向いている形式です。

プロジェクトごとに「プロジェクト内容」「担当業務」「メンバー数」「自分の役割」「工夫や取り組み」などを明記して、プロジェクトの概要だけでなく、自分がそのプロジェクトにどれだけ貢献したかが伝わるようにしましょう。

プロジェクトの概要や全体の成果だけが書かれていると、採用担当者は「この応募者がプロジェクトの中で何をしたのかがわからない」と感じます。あくまでも「プロジェクトに対して、自分がどのように貢献したか」がわかる書き方をすることが重要です。

パソコンなしで履歴書・職務経歴書の作成を乗り切る方法は?

ここまで読んでいただいた方の中には、一から職務経歴書を用意するのは大変・・・と感じた方もいらっしゃるかもしれません。そういった方はアプリやサイトのフォーマットを利用してみてもいいでしょう。

 

履歴書・職務経歴書を作成できるあるアプリでは、項目に沿って名前・経歴・自己PRなどを入力していくと、一般的なフォーマットの履歴書が自動的に作成され、PDFデータをダウンロードできます。印刷はコンビニなどでできるので、家にパソコンが無い方でも手軽に応募書類の準備を進めることが可能です。

 

詳細はコチラ