面接で好印象を与えるための4つのポイント

愛知求人・転職NAVITOP › お役立ち情報 › 面接で好印象を与えるための4つのポイント

1.笑顔を忘れないようにする


 

良い印象を与えるためのポイントをご紹介

 

面接では相手に好印象を与えることが大切になります。不快な思いをさせるような人を採用したいと思うでしょうか。
好印象を与えるためには4つのポイントがあります。

1つめは笑顔を作ることです。笑顔は相手に好意を伝えることができます。
笑顔が大切 はよく言われていて、そんなの知っているという方は多いことでしょう。しかし、知っていても実践できている人は少ないです。面接では緊張してしまい、無意識に表情が硬くなってしまい、笑顔を忘れてしまっていることが珍しくありません。
自分では笑顔のつもりでも相手には無表情に見えていることもあるので、鏡の前で笑顔の練習をしてみましょう。


2.明るい声を心がける


ノンバーバル(非言語)コミュニケーションは印象を大きく左右します。相手に与える印象の半分程度がノンバーバルコミュニケーションともいわれています。

言語、聴覚、視覚の情報が与えられたとき、人は視覚が55%、聴覚が38%、言語が7%で判断をしているという結果があります。
視覚に関しては笑顔を忘れないようにすることが大切です。聴覚に関しては声がこもらないように意識することが大切です。

面接では緊張してしまい、声が小さくなってしまうことが珍しくありません。緊張していたり、姿勢が悪かったりすると声がこもりやすくなるので、こういった点に気をつけてみましょう。

笑顔を心がけましょう!

 


3.姿勢をよくするように意識


猫背になっていませんか?

猫背は自信がないように見えてしまい、面接ではマイナスの印象を与えてしまいかねません。自信がある人に見せて好印象を持ってもらうためには、姿勢をピンとよくすることが大切です。

普段スマホやパソコンを見ているときに猫背になっていませんか?姿勢をよくしようと思っても、いつの間にか猫背になってしまうことは珍しくありません。面接のときは緊張したり、質問に意識が向いたりして、姿勢のことを忘れてしまいがちなので注意が必要です。
姿勢をよくするポイントは、頭の上から糸で引っ張られているこように意識することです。わかりにくいときには、頭のてっぺんに手のひらを当ててみてください。

 


4.コートやマフラーを脱ぐタイミング


コートやマフラーはいつ脱いだらいいの?

コートやマフラーを着用している場合には、面接前に脱ぐようにします

脱ぐタイミングは、会場のエレベーターに乗っているときや会場のビルに入る前です。マフラーはバッグにしまい、コートはきれいにたたんで腕にかけます。バッグが膨らんでいるとだらしがない印象を与えることもあるので、マフラーはできるだけコンパクトにまとめてしまいましょう。

待ち時間や面接部屋で椅子に座るときには、コートはバッグの上にたたんで置きます。椅子の背もたれにかけたり、膝の上にのせたりするのは、相手に良い印象を与えません。また、膝の上では席を立つときにスムーズな動きをとれなくなります。
面接官の指示に対してスムーズに動きをとれることが、好印象を与えるために大切です。

 


 

いかがでしたでしょうか?
少しでも転職活動の一助になれば幸いです。

お持ちの資格や今までの経験を活かせる仕事を探している方、
未経験でも新しいことにチャレンジしたい方、
子育てと両立ができる仕事を探している主婦・主夫の方
シニア世代・ミドル世代の方も、
ハローワークで中々希望の求人が見つからなかった方も、
愛知求人・転職ナビでは多数の求人を取り揃えております!
きっとお探しの求人を見つけられます!
まずはご応募お待ちしております!

愛知求人・転職ナビ
https://aichi-kyujin-tensyoku.com/

更に!よりきめ細かい就職活動のサポートを受けたい方に!

当社株式会社リオルサは、求人のご紹介から、自己分析のお手伝い、面接対策まで、
専門のキャリアカウンセラーがあなたの就職までをしっかりサポート!

・転職といっても何をすれば良いのか分からない。
・自分にどんな仕事が向いているのか分からない。
・今の仕事が本当にベストなんだろうか。
・すぐに転職は難しいけど相談相手が欲しい。

そんなお悩みにお答えします!
愛知県の転職ならリオルサにお任せ!
まずはご相談ください!

職業紹介 株式会社リオルサ
https://www.reorsa.com/

詳細はコチラ